2010年04月13日

地域医療強化、4年で4兆円=自民(時事通信)

 自民党政務調査会の「安心社会研究会」(大村秀章事務局長)は13日の会合で、地域医療の基盤強化のため4年間で4兆円を投入するなどとした提言の中間報告をまとめた。同党の参院選マニフェスト(政権公約)に反映される見通し。
 中間報告は、地域の拠点病院やがんセンターなどの医療施設を4年間で集中的に整備するとしている。「安心社会」の実現に向け、消費税の社会保障目的税化や、財政健全化への道筋を示した財政責任法の制定も盛り込んだ。
 ただ、同研究会は、自民党を離党して新党を結成した与謝野馨元財務相が主導してきたもので、中間報告には「安心と成長の同時実現」など新党の政策と酷似した表現もある。同日の会合では「与謝野氏がいなくなったのだから、議論をやり直すべきだ」との声も上がった。 

高速料金案を批判=自民・石破氏(時事通信)
土壌汚染情報公開へ=トラブルを防止−国交省(時事通信)
林業再生へ鳩山首相が意欲=菅原文太氏ら招き意見交換(時事通信)
<海洋土木業者>政治団体が公益法人と一体化か 会計を兼務(毎日新聞)
政治資金監査、収入は調べず領収書照合のみ(読売新聞)
posted by サキヤマ カネハル at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。