2010年05月12日

点滴異物注入、母親初公判=「間違いない」と起訴内容認める−京都(時事通信)

 入院していた自分の幼い娘3人の点滴に水道水などを注入し死傷させたとして、傷害致死などの罪に問われた高木香織被告(37)の裁判員裁判の初公判が10日、京都地裁(増田耕兒裁判長)で開かれた。高木被告は、四女に対する一部の注入を除き「間違いない」と述べ、大筋で起訴内容を認めた。
 高木被告は起訴前の精神鑑定で、子どもを傷つける一方、献身的看病で周囲の同情を引こうとする「代理ミュンヒハウゼン症候群」と診断された。判決までの公判、評議日程は裁判員裁判で最長の計9日間。難解な医学用語を裁判員が理解し、量刑にどう反映させるか注目される。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
耳かき店女性殺害で精神鑑定=弁護側が請求
足利事件「真剣に再発防止検討」=裁判員裁判、早い審理開始を
殺人で元解体工少年を起訴=石巻3人殺傷
元警官に懲役14年=裁判員判決、女性7人に暴行

日医連、民主候補の安藤氏推薦を決定(医療介護CBニュース)
現生人類とわずかに混血か=絶滅のネアンデルタール人−国際チームがゲノム解読(時事通信)
<堺男児虐待死>逮捕の元内縁の夫 腹部を狙った暴行(毎日新聞)
酒飲み自転車でひき逃げ、会社員を書類送検(読売新聞)
広がる不信、怒る沖縄 首相の訪問に「ヤマチラカチ、ヌースガ」の声(産経新聞)
posted by サキヤマ カネハル at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。